完全職務遂行の方程式その3

皆様こんにちは。  エフ.ビー.エフ の 木村 祥明(きむらよしあき)です。

管理職の皆様の基本的役割についてです。

このテーマは、以前のブログでお話をしていますが、もう一度お話します。

管理職の皆様にまず、強く認識いただきたいことは、一般社員の時の仕事の延長でなく、

これまでと全く違う、基本的役割についてです。

具体的には、全体の進むべき指針を示し、他の人を通じて成果を上げることです。

あなたの第一の役割りは、部下に明確な指針を示すことです。

即ち、

①部門のあるべき姿を明確にする

②その実現のための課題を明らかにする

③それを100%確実に部下に伝える

ことです。

あなたの第二の役割りは、部下を通して成果を確実に上げることです。

そのために

①部下を適正適所に配して、仕事を配分する

②部下のエネルギーを100%引き出す

③進捗状況を細かく管理する

④仕事の結果を適正に評価する

を実行するです。

このブログをお読みいただいている皆様のほとんどの人は、こんなことは、すでに実践していると

考えていると思いますが、コンサルの業務を通じて感じることは、実に多くの管理職の方がこの基本的役割を

理解されないまま、業務に取り組んでおり、我が国の中間管理職は、壊滅状態なのでは、と心配するほどです。

もし皆さんの中で、この基本認識を承知していなかったという人がおられたら、ぜひ参考にしてください。

具体的には、タイムマネージメントスキル(効果的な仕事術)の習得をお勧めいたします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。