不安を自信に変えるタイムマネージメント

皆様、こんにちは。 エフビーエフの木村です。

今日は、表題にあるタイムマネージメントの3つのスキルについて

お話します。

最初のスキルは、コントロールです。

1ヶ月単位で、必要な時間と使える時間を試算し、前月の20日前後にスケジュール調整を行う技術です。

この技術を習得するために最初にやることは、テーマごとに必要な時間を正確に試算することです。

最初は、試算した時間は、実際必要な時間の三分の一程度であるのが一般的です。これも、継続して資産を続けると試算お制度は上がります。

2つ目のスキルは、ル―テイングです。

これは、繰り返される事柄を1年間を通して早めにスケジュール化することです。

このスキルは、自分自身のワークライフバランスの実現に役立つイだけでなく、部下も休みがとりやすくなり上司としての評価を高めます。

3つ目のスキルが、アクションプランです。

アクションプランとは、目標を達成するために必要な事柄を

スケジュール化し、進捗を細かくチエックする技術で、3つの中でももっとも重要な技術です。

この重要な技術は、次の4つのノウハウから構成されています。

①効果的な目標設定

②目標達成のための行動計画

③仕事の進め方

④目標管理

この中で、今日、管理職の皆様にアナウンスしたいのは、

仕事の進め方についてです。

仕事で重要なのは、段取りと優先順位です。

詳しくは、また書きますが、タイムマネージメント実践講座

を開催しますので、そちらもぜひのぞいてください。

前の記事

管理職の役割と仕事

次の記事

成長の壁