仕事について考える(その2)

あけましておめでとうございます。仕事手帳専門店エフ.ビー.エフです。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

今日は、常に成果を上げている人達に共通する仕事のやり方を方程式で表現すると以下のようになります。

【仕事の成果=目標の明確化×目標達成のための施策・行動のスケジュール化×きめ細かな進捗チエック】

前回にも目標の明確化の重要性は述べていますが、目標には、最終ゴールとなる仕事目標とこの仕事目標を達成するために解決しなければならない課題である行動目標があり、上記の方程式の『目標の明確化とは、行動目標すなわち課題の明確化のことです。

従って、次の目標達成のための施策・行動とは、課題解決のための施策・行動のスケジュール化とは、課題解決のために必要な事柄をすべてリストアップし、その中から重要な事柄を選び、項目ごとに担当を決めて実施スケジュール(行動計画)を立てることを言います。

そしてこの行動計画の進捗を毎日チエックし、不足があれば、その都度、対策を考えて実施するわけですから、目標達成ができないはずがないのです。

言葉で解説すると以上になりますが、この仕事のやり方を習得するには、毎日同じことを繰り返すトレーニングが必要になります。

その最強のツールとなるのが1ヶ月仕事手帳(TAPとACL)です。